交通事故治療・むち打ち症なら豊川市の田口接骨院へ
HOME>交通事故治療

交通事故治療

「なぜ、接骨院に交通事故の患者さんが多いのか? 」

交通事故の患者さん

鎖骨々折、下腿骨々折、むち打ち症、打撲、挫傷、etc

なぜ、接骨院に交通事故の患者さんが多いのか?
大きな病院は3時間待って3分診療!接骨院は一人々に親切丁寧です!
市民病院や大きな病院から変わってきます。
そして、煩雑な事務手続き、書類を全てこちらでやります!

当院はMRIやCTスキャン、レントゲンも知り合いの病院ですぐに出来ます。
痛みを取るだけでなく、全身の歪みに整体、調整もしますよ!

近くて、早く、親切な接骨院をご利用ください!

交通事故治療について

治療・リハビリはもちろん、損保会社との話し合い、各種手続きまで、全面的にあなたをサポートします!

交通事故治療とは、一般的に交通事故が原因の痛み(むち打ち症、腰痛、手足の障害、痛み、だるさ、不快感 等)の治療のことを指し、主に自賠責保険による治のことをいいます。

当院では、交通事故が原因の様々な症状でお悩みの方、また、治療を受けているが、思ったように治らなくて 困っている等の方々のご相談に応じております。
※交通事故の場合、自賠責保険により治療費が出るので、治療費や診断書料を負担することは一般的にはありません。

交通事故では、日常の怪我では傷めないような部分もダメージを受けることが多く、放置すると痛みや機能障害、2次的障害(肩こりや腰痛)へと発展することもあります。
そうならないためにも、早期のきちんとした治療と、症状が完治するまで、きちんと治療される事をおすすめします。

事故に遭ってしまったら

交通事故

まずは警察に届出を出しましょう。
※自賠責保険、任意保険どちらにも必要な事故証明を受け取れます。
(事前に当院にご連絡いただければアドバイスさせていただきます。)
他にも以下の情報を控えておくと、スムーズです。
相手方の氏名、住所と連絡先、車の登録ナンバー、任意保険の有無、自賠責証明書番号と保険会社名等...

上記は、あくまで手続き上のことですが、一番大事なのは、もちろんご自身の体です。
当院では、近隣医院との連携も取れている為、
病院の検査(CT・MRI・レントゲン等)はすべてご紹介出来ます。

交通事故の症状

交通事故の症状

むち打ち症

むち打ち症は、正式には「外傷性頚部症候群」や、「頚部捻挫」などといいます。
車での追突事故などの際に、首や背中に衝撃がかかり、首がムチのようにしなることから生じるので、むち打ち症と呼ばれています。
事故当初は、自覚症状がなくてもしばらくしてから、さまざまな症状が現れることもあります。
その怪我の度合いも、非常に軽いものから、後遺症を残すものまで様々です。

むち打ち症について

むち打ち症は首の正常な可動範囲を超えてしまうことで、首の関節の靭帯や筋肉が傷ついて、首や背中の痛みなどが現れます。

むち打ち症の原因

車の追突などの交通事故により生じることが多いのですが、体操やスノーボードなどのスポーツによって起きることもあります。

症状と分類

頚椎捻挫型

首の筋肉や靭帯などが損傷され、首、肩、背中の痛みや運動制限が起きる症状です。

神経根症状型

頚椎から出る神経が圧迫されることにより、首の痛みや頭痛、腕のしびれやだるさ、筋力低下するなどの症状です。

バレ・リュウ症状群型

後部交感神経の損傷や圧迫によって頭にいく血流が低下することで、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、眼の疲労・・・ などが起こる症状です。
※後から症状が出てくることもあるので、まずは診断を受けることをおすすめします。

脊髄症状型

頚椎の脊柱管を通る脊髄が傷ついたり、下肢に伸びている神経が損傷されて下肢のしびれや知覚異常が起こり、歩行障害が現れるようになります。
また、膀胱直腸障害が生じて、尿や便が出にくくなるケースもあります。

脳脊髄液減少症

頚一時的に髄液圧が急上昇し、その圧が下方に伝わって腰椎の神経根に最も強い圧がかかり、クモ膜が裂けると考えられています。
脳脊髄液減少症の症状はきわめて多彩で、いわゆる不定愁訴がそれに当たります。
初期には頭痛が特徴的です。
また、これらの症状には天候に左右される特徴がみられ、ことに気圧の低下により症状が悪化します。


誰も分かってくれない、この痛み。しっかり・ていねいに治療すれば、つらい症状は、必ず改善します。
治療・リハビリだけでなく、面倒な事務処理の悩みも、
当院 のサポートがあるので安心して治療に専念していただけます。

交通事故治療に関してのよくある質問はこちら