交通事故治療・むち打ち症なら豊川市の田口接骨院へ
HOME>愛知唯一の波動治療

顔面神経麻痺治療

顔面神経麻痺の症状チェックリスト
・顔が非対称になった
・まぶたを閉じることができない
・おでこにしわを寄せることができない
・頬を膨らますことができない
・味覚がおかしくなった
・音が大きく聞こえるようになった
・食事の時に勝手に涙が出る
・コップで水を飲む時こぼしてしまう

顔面神経麻痺の治療法は原因により異なります。

  • ウイ ルスが原因の場合~抗ウイ ルス薬の投与
  • 脳血管障害~脳外科手術
  • 顔面神経損傷~ビタミン剤・ATP製剤の投与や神経縫合
  • 血流不全~星状神経節ブロック

のように原因が特定できない場合は、マッサージや温熱療法 (暖かいタオルで顔を暖め血行を促す)
などのリハビリテー ションを行いながら気長に症状の改善を待つということが最もよく 行われています。

ただし、リハビリのやり方を間違えると病的共同運動などの後遺症 の確率を高めてしまう場合もありますのでご注意を。

当院ではドイツ波動治療器PS—1000を施し、頭蓋仙骨 調整により全身の歪みを調整します。
これが効果が有ります!

ひどい顔面神経麻痺の治療しました。

顔面神経麻痺の治療

10日(水)の夜間と、13日(土)の予約診療で、普通にして いれば歪みが分からないほど、かなり改善しました!
こんなに早く治療が効くと嬉しいですね!

顔面神経麻痺の症状が軽い例でも、顔を動かすと引きつりや、いび つさが目立つので、社会的に消極的になりがちで、精神的にもダ メージの大きい病気です。

当院では顔面神経麻痺に対して麻痺の改善を目的としたドイツ波動治療器PS—1000による治療を施し、頭蓋仙骨調整により全身の歪みを調整をし、体の歪みを取り除きます。
さらに、麻痺を改善するための適切な表情筋の運動療法もします。
是非、副作用のないドイツ波動治療器PS—1000の治療 と頭蓋仙骨調整により全身の歪みの調整を受けられることをお勧め致します。

料金は保険適応外の実費治療となります。
詳しくはお問合せ下さい