交通事故治療・むち打ち症なら豊川市の田口接骨院へ
HOME>院長ブログ
 / 治療 / 空手 / 趣味 / 

院長ブログ

豊川市の交通事故の施術は接骨院でも病院でも自由に転院できます。1

自動車事故による首部やその周辺の打ち身・捻挫・頭部外傷などを「むち打ち症」「外傷性頚部症候群」「頚部捻挫」「魔女の一撃 ヘキセンショック」等々と言います。
このむち打ち症は靭帯や関節包、筋肉などの傷害のため、外見上やレントゲン検査では異常が見られないことがありますが、体のさまざまな機能に支障をきたし、首や腰の筋肉や靭帯の炎症、交感神経や神経根の障害、脊椎本体に障害が及ぶものまで様々な症状があります。むち打ち症は、交通事故で受傷した日以降数日経って痛みなどの症状が段々強くなることがあります。受傷から1週間たってから発症するケースもあります。主な自覚症状として、首の痛み、コリ、ハリ、その他、首の熱感や強ばり、吐き気、肩の痛み、背中の痛み、腰の痛み、頭痛、胸の痛み、しびれ、だるさ、また、目のかすみ、めまい、耳鳴り、難聴、嚥下痛、上肢痛、意識障害などがみられる場合もあり、いくつかの症状が重なるケースもあります。交通事故は接骨院へ早い受診をお待ちしています。病院(整形外科、脳神経外科、ペインクリニック、内科)と並診タイアップもしております。

 

                           田口 合掌

投稿者 田口接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
豊川市の接骨院です、赤ちゃんの肘の脱臼を整復しました。 1
 

  
豊川市の接骨院です、赤ちゃんの肘の脱臼を整復しました。

 

接骨院の先生は「あっ!」と言う間にはめてしまいます。大泣きしている子がピタッと泣きやみます。脱臼整復は得意の施術です。

今週は珍しく赤ちゃんと4歳児の2名が脱臼で来院しました。早く正確な整復をみて他の施術に来ていた患者さんに褒められました。

 

子供が手を引っ張られた後や変な態勢で寝返りした後に、痛がって腕を下げたままで動かさなくなります。肘の靱帯から肘の外側の骨(橈骨頭)がはずれかかることによって起こります。多くは、5歳以下の子供にみられます。

受傷時の状況と、肘をやや曲げた状態で下げたままにして、痛がって動かそうとしないことから、肘内障を疑います。徒手整復を行います。整復で元通り使える様になります。

施術は1回で終わりです。整復の後はいつもと同じように腕をつかってかまいません。ただ、手を引っ張られることによって脱臼を繰り返すこともあるので、注意してください。

 

骨折や脱臼との鑑別のために、X線(レントゲン)検査で骨や関節に異常がないことを確認することもあります。当院は病院(整形外科、脳神経外科、ペインクリニック、内科)と並診タイアップもしております。

                田口接骨院合掌

投稿者 田口接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
豊川市で交通事故に遭い『首の痛み』『腰の痛み』の患者様に朗報 1
 

  
豊川市で交通事故に遭い『首の痛み』『腰の痛み』の患者様に朗報

 

交通事故にあった時、支えになる親切・丁寧な田口接骨院です。

交通事故に遭遇したら症状にかかわらず、早めに受診して下さい。

もしもあなたが今、交通事故に遭遇し、様々な不安を抱えていらっしゃるとしたら、まずは落ち着いて田口接骨院(0533-85-0670)に問い合わせの電話をしてください、丁寧にお話いたします。

治療で体を元通りに治し、傷ついた心も癒します。

検査など必要な場合の病院も紹介出来ます。

事故の難しい書類も代行します。

早く全快出来る様に色々な施術をします。

交通事故が原因の様々な症状でお悩みの方や、治療を受けているが、思ったように治らなくて困っている方々の相談に応じております。

「むち打ち」「首の痛み」「背中の痛み」「交通事故後からの、頭痛や首・腰の痛み、めまい、耳鳴り、吐き気、肩から腕にかけての痺れ、握力などの筋力の低下、頭から肩の筋を通して、筋肉がこわばる、」等の症状は、交通事故による外傷で起こったのです。

早めに施術されることをおすすめします。

                 田口接骨院 合掌

投稿者 田口接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
女帝のコレクション「大エルミタージュ美術館展」観ました。  1
 

 
女帝のコレクション「大
エルミタージュ美術館展」観ました。

 

エルミタージュ美術館の創立は1764年、エカテリーナ2が、親しい人々に美術品を見せる場所を作り、そこを“エルミタージュ(フランス語で「隠れ家」の意)”と呼びました。

そして今回の愛知県美術館にはエルミタージュ美術館の決定版 オールドマスターの傑作勢揃いでした。オールドマスターとは、16世紀ルネサンス時代のティツィアーノクラーナハなどから17世紀バロックのレンブラントルーベンスヴァン・ダイクなどを経て、18世紀ロココのヴァトーブーシェなどに至る巨匠たちを指します。本展は、出展される油彩85点すべてがエルミタージュ美術館の常設展示作品、すなわち美術館の顔ともいうべき作品群でした。西洋絵画の王道ともいえる珠玉のコレクションは、まさにエルミタージュ美術館展の決定版といえるでしょう。

 貸し出しの音声ガイドは作家の又吉直樹さんがナビゲーターを務め作品の見どころ、時代背景を分かりやすく解説していました。

 

写真は会場内で1番に出迎えてくれる作品、ウィギリウス・エリクセン《戴冠式のローブを着たエカテリーナ2世の肖像》です。会期中の展示室内で写真撮影が可能でした(笑)。

                田口合掌

投稿者 田口接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
交通事故むち打ち症は別名「魔女の一撃 ヘキセンショック」と言います。 1
   

交通事故むち打ち症は別名「魔女の一撃 ヘキセンショック」と言います。

 

豊川市から交通事故の施術で被害者様(患者様)を応援します。

自動車の追突、衝突、急停車等による「むち打ち症」は、首が鞭(むち)のようにしなったために起こるので別名「魔女の一撃 ヘキセンショック」と言われます。

「むち打ち症」は,正式な病名ではなく、医学的には「頸椎捻挫」「頸部挫傷」「外傷性頸部症候群」等々と言われます。

事故直後は興奮や緊張しているため、すぐに症状が出ない方もいますが、出来るだけ早くに接骨院に受診してください。たとえその日は何の症状が出なくても、後から痛みなど何らかの症状が現れることがあります。軽微な事故に見えても後で体に異常が出る事はよくあることです。交通事故の被害者の皆様、交通事故治療(自賠責)施術の事なら、豊川市の田口接骨院 整骨院にお委せ下さい。少しでも早い受診をお待ちしています。病院(整形外科、脳神経外科、ペインクリニック、内科)と並診タイアップもしております。

 

              田口接骨院合掌

投稿者 田口接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
     
4