交通事故治療・むち打ち症なら豊川市の田口接骨院へ
HOME>院長ブログ
 / 治療 / 空手 / 趣味 / 

院長ブログ

「なんでも鑑定団」に「曜変天目茶碗ではない」と異議を唱えた陶芸家の長江惣吉氏の個展観に行きました。  1
 

   
「なんでも鑑定団」に「曜変天目茶碗ではない」と異議を唱えた陶芸家の長江惣吉氏の個展観に行きました。 

 

瀬戸市美術館で企画展「曜変・長江惣吉展」を観に行きました。長江氏は、瀬戸市内在住の陶芸家で、親子二代にわたって、「曜変」の再現に取り組んだ作家さん。「曜変」とは、漆黒の釉に青い光彩を伴う斑文のある天目茶碗のことです。12世紀から13世紀にかけての中国・南宗時代に作られたといわれその光彩は謎に包まれ、再現を目指す陶芸家は多いが、長江さんは実践でも、研究でもその最先端にいる。

事件の茶碗20161220日放送のテレビ東京系「なんでも鑑定団」に登場。古美術鑑定家の中島誠之助氏が徳島県内で新たに国宝級が見つかったと発表し「曜変天目茶碗」と鑑定。2500万円の評価額をつけた上で、「国宝になっていたかもしれない大名品」と称賛していた。

それに対しすぐに本物とは思えない」と異論を唱えた陶芸家の九代目長江惣吉氏は「曜変天目」と鑑定された今回の茶碗について、ヨーロッパで18世紀以降に開発された「スピネル顔料」(陶磁器の釉薬用絵具)を塗り付けて発色させたものだとする見解を発表している。父の8代惣吉さんは研究に陶芸家人生をかけた。長江さんは父が亡くなった1995年、その研究の検証からスタート。それから中国・建窯へ赴くこと28回。その窯跡で蛍石の砕片を見つけたのを契機に、焼成中に蛍石の粉末を投入する技法を見いだす。豊田工業大との共同研究を重ね、発生するフッ素ガスが化学反応を起こし、表面にできる波状の構造が反射して光ることが分かった。その成果は日本と中国の学界でも発表し、反響を呼んだ。本展覧会は22年に及ぶ研究でたどり着いた成果と、その技法によって創作された自の世界が広がっていた。

                田口聖竜合掌

投稿者 田口接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
11日に展示最終日に再度「 東山魁夷展 」を観に行きました。 1
    

東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展』を、611最終日に再度 愛知・豊田市美術館に観に行きました。何度観ても感動しました。癒されました。

 

 戦後を代表する日本画家、東山魁夷(1908-1999)。さすが深い精神性と豊かな叙情を湛えた風景画は、日本人の自然観や心情を普遍的に表現。今回の、10年もの年月をかけて完成させた全68面からなる唐招提寺御影堂障壁画は、東山魁夷画家の記念碑的大作。唐招提寺御影堂の修理が行われるに際し、通常は非公開となっているこの障壁画の全貌を観る事が出来ました。何度観ても素敵でした。

                    聖竜合掌

  

 

投稿者 田口接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
交通事故で追突され家族5人が来院 1
  

交通事故で追突され家族5人が来院

 

交通事故で親子5人が来院、停車中の車に追突されました。お父さんお母さんは頚椎を挫傷。チャイルドシート装着の4歳の男の子も頚椎と膝打撲、3歳の女の子は吐き気が有ります。幼稚園の先生が何時も前周りを遊びで何回もしていたのに一度もしないと言われたそうです。知り合いの病院と交互通院しながら施術と経過観察しております。完全に治るように施術していきます。

                   田口 聖竜合掌

投稿者 田口接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
大会救護を正式に拝命し大人の選手の肩の脱臼の整復など多数の怪我の応急治療を致しました。
 

 
5
7日に名古屋市の愛知県体育館 第一競技場(アリーナ)で行われました硬式空手道の第13回 坪内杯 全日本オープン空手道選手権大会(主催 空手道剛柔流錬正館 後援 愛知県教育委員会 名古屋市教育委員会 中日新聞社)に17名の聖竜会の選手が出場しました。ハードコンタクトルール(防具使用による直接打撃の試合)による激しい試合でしたが、以下 優勝、入賞者が3名出ましたので御報告致します。

 中学1年の部、 優勝  鈴木 海(金屋中学校)

小学3年の部、 優勝  児玉 壱聖(三蔵子小学校)

小学3年の部、 三位  中島 京雅(桜木小学校)

聖竜も大会救護を正式に拝命し大人の選手の肩の脱臼の整復など多数の怪我の応急治療を致しました。少しは大会に貢献できたかなと思います。

 

                                                      聖竜合掌

投稿者 田口接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
豊田市美術館に「 東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」を観に行きました。
 

豊田市美術館に 東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展を観に行きました。

 

東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展』が、422日から愛知・豊田市美術館で開催されています。とにかく観てください。本当に感動しました、癒されました。観ないと此の感動は解らないと思います。3度本作を観に戻りました。又時間を作り観に行こうと思います。本当に感動です(笑)。

  

 日本画家、東山魁夷(1908-1999)。深い精神性と豊かな叙情を湛えた風景画は、日本人の自然観や心情を普遍的に表現。ことに、10年もの年月をかけて完成させた全68面からなる唐招提寺御影堂障壁画は記念碑的大作です。

 多くの苦難を乗り越えて中国から来日し唐招提寺を開基した鑑真和上に捧げるため、日本や中国各地を歩いてスケッチを重ね、全身全霊で絵に取り組んだそうです。 本展覧会では、唐招提寺御影堂の修理が行われるに際し、通常は非公開となっているこの障壁画の全貌が紹介されています。

                 聖竜合掌


投稿者 田口接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
   
3