交通事故治療・むち打ち症なら豊川市の田口接骨院へ
HOME>院長ブログ
 / 治療 / 空手 / 趣味 / 

院長ブログ

豊川市の交通事故は接骨院でも病院でも自由に転院できます。  1
   

豊川市の交通事故は接骨院でも病院でも自由に転院できます。

自動車事故による首部やその周辺の打ち身・捻挫・頭部外傷などを「むち打ち症」「外傷性頚部症候群」「頚部捻挫」「魔女の一撃 ヘキセンショック」等々と言います。
このむち打ち症は靭帯や関節包、筋肉などの傷害のため、外見上やレントゲン検査では異常が見られないことがありますが、体のさまざまな機能に支障をきたし、首や腰の筋肉や靭帯の炎症、交感神経や神経根の障害、脊椎本体に障害が及ぶものまで様々な症状があります。むち打ち症は、交通事故で受傷した日以降数日経って痛みなどの症状が段々強くなることがあります。受傷から1週間たってから発症するケースもあります。主な自覚症状として、首の痛み、コリ、ハリ、その他、首の熱感や強ばり、吐き気、肩の痛み、背中の痛み、腰の痛み、頭痛、胸の痛み、しびれ、だるさ、また、目のかすみ、めまい、耳鳴り、難聴、嚥下痛、上肢痛、意識障害などがみられる場合もあり、いくつかの症状が重なるケースもあります。交通事故は接骨院へ早い受診をお待ちしています。病院(整形外科、脳神経外科、ペインクリニック、内科)と並診タイアップもしております。         田口 合掌

投稿者 田口接骨院 (2018年3月14日 11:08) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :