交通事故治療・むち打ち症なら豊川市の田口接骨院へ
HOME>院長ブログ
 / 治療 / 空手 / 趣味 / 

院長ブログ

女帝のコレクション「大エルミタージュ美術館展」観ました。  1
 

 
女帝のコレクション「大
エルミタージュ美術館展」観ました。

 

エルミタージュ美術館の創立は1764年、エカテリーナ2が、親しい人々に美術品を見せる場所を作り、そこを“エルミタージュ(フランス語で「隠れ家」の意)”と呼びました。

そして今回の愛知県美術館にはエルミタージュ美術館の決定版 オールドマスターの傑作勢揃いでした。オールドマスターとは、16世紀ルネサンス時代のティツィアーノクラーナハなどから17世紀バロックのレンブラントルーベンスヴァン・ダイクなどを経て、18世紀ロココのヴァトーブーシェなどに至る巨匠たちを指します。本展は、出展される油彩85点すべてがエルミタージュ美術館の常設展示作品、すなわち美術館の顔ともいうべき作品群でした。西洋絵画の王道ともいえる珠玉のコレクションは、まさにエルミタージュ美術館展の決定版といえるでしょう。

 貸し出しの音声ガイドは作家の又吉直樹さんがナビゲーターを務め作品の見どころ、時代背景を分かりやすく解説していました。

 

写真は会場内で1番に出迎えてくれる作品、ウィギリウス・エリクセン《戴冠式のローブを着たエカテリーナ2世の肖像》です。会期中の展示室内で写真撮影が可能でした(笑)。

                田口合掌

投稿者 田口接骨院 (2017年8月 7日 09:01) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :